Wordpress

WP Multibyte Patchとは?その設定~使い方【不要か必要かも解説】

WP Multibyte Patchとは?設定~使い方を解説

 

アナタ
アナタ

・WP Multibyte Patchってなに?必要なん?

・設定法や使い方をおしえて

今回はこんな疑問にお答えします。

 

WP Multibyte Patchは、英語圏で作られたWordPressに日本語を正しく読み取って貰うためのプラグインです。

WordPressを日本語環境できちんと動かすために必要となります。

 

実は、WordPressの5.0verまでは、デフォルトでインストールされていたのですが

5.0以降は、デフォルト環境にWP Multibyte Patchプラグインが含まれなくなりました。

 

そういった背景もあり、WP Multibyte Patchは不要になったのではないか?

という意見もチラホラ。(結論、入れた方が良い)

 

そこで、今回はWP Multibyte Patchとは何なのか…

なぜ入れる必要があるのか解説していきます。【設定方法や使い方も】

 

✔CONTENT

・WP Multibyte Patchとは

・WP Multibyte Patchは不要なのか?

・WP Multibyte Patchの設定~使い方

 

WP Multibyte Patchとは

WP Multibyte Patchとは?

 

WP Multibyte Patchは、日本語環境の中でwordpressを正しく動作させる機能を網羅したプラグインです。

 

様々な機能がありますが、特に重要なところは下記の3点。

・検索時の全角スペースを区切り(半角)として認識させる

・日本語を含んだデータを以降する際の破損を防ぐ

・日本語の文字数を正しくカウントする

サイトの安全性やgoogleにサイトを正しく伝える役割を担っています。

 

WP Multibyte Patchは不要なのか?

WP Multibyte Patchは不要なのか?

 

プラグインは、入れすぎるとサイトのセキュリティやスピードが低下するリスクもあるので、極力少ない方がよいです。

 

しかし、結論から言うと「WP Multibyte Patch」は必要です。

その理由は、wordpress本体の対応が不完全なため。

 

wordpressは、アップデートを繰り返すことで

日本語を高い精度で読み取れるようになりましたが、未だに日本語環境の対策は完全ではありません。

(全角スペースの問題やurlが乱れるなど…)

 

そういった理由から、「WP Multibyte Patch」はインストールする必要があります。

 

※目安として、wordpress側が[WP Multibyte Patch]は必要ない。

というまでは入れておくのが無難でしょう。

WP Multibyte Patchに関するユーザーの声

 

実際にWP Multibyte Patchに関するブロガーの意見がこちら。

「WP Multibyte Patch」ユーザーの意見をまとめると…

・サーバーを移管する際に日本語を含んだurlが乱れる

・記事の抜粋を上手く表示できない

 

やはり、wordpressをデフォルト状態で使っていると、不具合が生じているので

「WP Multibyte Patch」は入れておくのが良いと分かりますね。

 

WP Multibyte Patchの設定~使い方

WP Multibyte Patchの設定~使い方まで

それでは、いよいよWP Multibyte Patchをインストールしましょう。

 

※【注意点】プラグインをインストールする前は必ずバックアップを取りましょう。

詳しくは、下記の記事でまとめています。

WordPressプラグインを使ったバックアップの正しいとり方

 

基本的な設定~使い方は、3STEPを踏むだけなので簡単です。

 

①wordpressの編集画面を開く

②「プラグイン」→「新規追加」→WP Multibyte Patchと検索してインストール

WP Multibyte Patchのイメージ画像

③WP Multibyte Patchを有効化

 

基本的なWP Multibyte Patchの機能は、③の有効化をした時点で適応されます。

しかしファイル名の文字化けは、別途FTPソフト(FFFTPなど)で対応しなければなりません。

 

FTPソフトがよくわからないという方は、こちらの対策はしなくてもOKです。

(ファイル名を英語やローマ字で書くようにすれば、問題ありません)

 

その他、インストール推奨のプラグインはを下記にまとめているので、参照ください。

➣wordpress初心者にオススメのプラグイン9選

 

FTPソフトが分かる方は、バックアップを取った上で引き続き設定を行いましょう。

 

WP Multibyte PatchをFTPソフトで設定

 

具体的な手順は、下記の通りです。

①FTPソフトを使って、WP Multibyte Patchのフォルダにアクセス

(基本、wp-content/plugins/wp-multibyte-patchという名前です)

②WP Multibyte Patchのフォルダを開く→wpmp-config-sample-ja.phpをローカル環境にダウンロード

③「wpmp-config-sample-ja.php」というファイル名を「wpmp-config.php」に変更

④「wpmp-config.php」の編集画面に移り

$wpmp_conf[‘patch_sanitize_file_name’] の値をtrueからfalseに変更

⑤変更を保存したwpmp-config.phpをWP-content直下にアップロードする

以上で完了です。お疲れ様でした!

ここまでやっておけば、日本語の誤認識で被害を受ける危険もないでしょう。

 

wordpressプラグイン「WP Multibyte Patch」を導入しよう

要約

今回は、WP Multibyte Patchとは不要なのか。

+αで設定方法~使い方について解説しました。

・WP Multibyte Patchは、wordpressの日本語環境を整える役目がある

・WP Multibyte Patchは、2020年も必要

・一方で、不必要なプラグインは削っていく

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

他のwordpress運営に役立つ記事は、下記にまとめています。

ブログの質・収益・集客力を上げたい。という方はぜひ参照ください。