Wordpress

wordpressでサイトマップを作成する方法【プラグイン導入で簡単5分】

wordpressでサイトマップを作成する方法【プラグインで簡単5分です】

こんにちは! 脳科学ブロガーのクルス(@homncls1)です。

アナタ
アナタ

・サイトマップって何?どうやって作成するの?

・手っ取り早く、プラグインで導入したいんだけど

・wordpress初心者なので、分かりやすく教えてほしい…

本記事は、このような方へ向けて作成しました。

 

サイトマップは、記事をユーザーに読んでもらうために、必ず必要な要素です。

けれども、自力でサイトマップを作るのは大変なんですよね。

 

そこで、今回はサイトマップの概要と必要な理由の解説にくわえて

google xml sitemapsとps auto sitemapという2つのプラグインを使って、簡単にサイトマップを作成する方法を解説します。

 

✔CONTENT

・wordpressにおけるサイトマップとは
(その特徴とHTMLマップの作成法)

・XMLサイトマップを作成する方法

 

✔INFORMATION

現在、当サイトではwordpressプラグインによるサイトマップを活用して、googleの検索上位を数十回とっています。

 

クルス
クルス
早速、見ていきましょう!

 

wordpressにおけるサイトマップとは

wordpressにおけるサイトマップの役割を解説

サイトマップとは、サイトの構成を読者やgoogleに伝えるための地図のようなページのことです。

これを設置することで、サイトにどういう記事が含まれているのか分かりやすくなります。

 

なおサイトマップは、googleのロボット向けのXML型と、サイトを訪ねるユーザー向けのHTML型の2つ存在するんです。

 

SEO対策とユーザービリティの両面で非常に大切なので、しっかり抑えていきましょう。

 

・XMLサイトマップの特徴

・HTMLサイトマップの特徴

 

XMLサイトマップの特徴

XMLサイトマップはクローラー(googleのロボット)に、書いた記事を読み取って貰うために必要です。

これを設置しないと、ロボットが記事を見逃してしまうので、google検索に自分の記事が反映されません。

 

そのため、XMLサイトマップは書いた記事を検索結果に表示してもらうために必要です。

いわば、SEO対策の大前提ということですね。

 

HTMLサイトマップの特徴

HTMLサイトマップは、ユーザビリティ(ユーザーの満足度)を上げるために設置します。

具体的には、「記事一覧ページ」をサイト上に設置するで、ユーザーが見たいページへ簡単に飛べるようにするシステムです。

 

HTMLサイトマップについては、その特徴とps auto Sitemapというプラグインを使った設置法を紹介しているので、下記を参照ください。

 

HTMLサイトマップとは?その作り方まで徹底解説

 

XMLサイトマップを作成する方法

XMLサイトマップを作成する方法を解説

それでは、wordpressのプラグインでXMLサイトマップを作成する方法を見ていきましょう。

・Google xml sitemapsをインストール

・xml サイトマップ【基本設定】

・xmlサイトマップ【コンテンツ】

・【更新頻度の設定】

・【優先順位の設定】

・googleサーチコンソールにサイトマップを追加

 

Google xml sitemapsをインストール

まずは、wordpressにログインして「プラグイン」▷「新規追加」をクリック。

すると、画面が変わったら右端の「プラグインを検索…」という部分に「google xml sitemaps」と入力します。

 

下記画像のように「Google xml sitemaps」と書かれたプラグインが出てきたら、「今すぐインストール」▷「有効化」をクリックです。

 

XMLサイトマップをダウンロードする

 

インストールが完了したので、続いてGoogle xml sitemapsの設定に移りましょう。

 

xml サイトマップ【基本設定】

wordpressのダッシュボードに戻り、「設定」▷「XML-Sitemap」をクリック。

すると、XMLサイトマップの「基本的な設定」という画面がでてきます。

XMLサイトマップの基本設定

 

この欄では、サイトマップを検索エンジンに伝えるための設定が行えます。

3つの項目がありますが、全てチェックでOKです。

 

✔用語解説

「Notify Google about updates of your site」

→記事を公開したときにGoogleへ通知が行くようにするもの。

早く記事を検索上に登録してもらいたいのでチェック。

 

Notify Bing about updates of your site

→同じくBingへ通知が行くようにするもの。

 

サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加

→チェックすると、サイトマップを検索エンジンのロボットにいち早く見つけてもらえる。

 

次に出てくる「高度な設定」は、サイトマップを生成することによって生じるメモリのエラーを防ぐ役割を持っています。

こちらはデフォルトのままで何もいじる必要はありません。

XMLサイトマップの高度な設定

下記に各項目の意味を載せておくので、興味のあるヒトだけ目を通してみてください。

✔用語解説

・Try to automatically compress~

→コンテンツ量が膨大になった時など、必要に応じてサイトマップを自動的に圧縮してくれるもの。

デフォルトの通り、チェックを入れておきましょう。

 

・XSLT スタイルシートを含める

→XMLで書かれた文書をヒトが読みやすい文書に置き換えてくれるのがXSLTシート。

便利なので、「デフォルト設定を使用」にチェックを入れたままにしておきます。

 

・Override the base URL of the sitemap

→これは、wordpressのインストール先がドメイン直下でない場合に使います。

特に使う必要はないので、空欄のままで大丈夫です。

 

・HTML形式でのサイトマップを含める

→HTML形式は、レイアウトやデザインに優れた形式でサイトマップを見やすくしてくれます。

デフォルトのまま、チェックを入れておきましょう。

 

・「匿名の統計を許可する」

→プラグインの開発したヒトへ、情報を提供するものです。

特にブログ運営には関係ないので任意でOKですが、迷ったらチェックを外したままで良いですよ。

 

高度な設定の下にある「Additional Pages」では、ワードプレスブログのURL以外をサイトマップに含めたい時にURLを追加する機能です。

ですので、基本的に何もいじる必要はありません

 

そのまま下にいって、「投稿の優先順位」というのが見えたら、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れてください。

XMLサイトマップの投稿優先順位

 

これをすることで、ロボットにみてほしいページを自由に決められるようになります。

優先順位の決め方については、後ほど詳しく解説するので次に進みましょう!

 

xml サイトマップ【コンテンツ】

「Sitemapコンテンツ」では、サイトマップに表示するページを選択できます。

XMLサイトマップのコンテンツ設定

 

画像と同じように、以下の4つの項目にチェックしておきましょう。

・ホームページ

・投稿

・カテゴリーページ

・最終更新時刻を含める

 

これによって、検索エンジンで上位を狙いたいコンテンツを集中的にロボットが見てくれるので、SEO対策になります。

(固定ページやアーカイブページ、投稿者ページはアクセス数や検索順位に関係しないので外しておきましょう。)

 

その次の「Excluded Items」では、チェックしたカテゴリーをサイトマップから除外できます。

基本的には、デフォルトの「未分類」のままで大丈夫です。

 

もし、SEOを全く意識していないお知らせページや日記のようなカテゴリーがあれば、チェックを入れて除外すると良いでしょう。

 

これは、googleのロボットにそういったカテゴリーを見られると、サイト全体の質を下げらてしまう可能性があるため。

つまり、検索順位やアクセス数に悪影響がでる恐れがあるためです。

 

なお、「投稿(個別記事)を含めない」という欄では、IDを入力することで個別に記事を除外することが可能です。

(wordpressダッシュボードの「記事一覧」でIDを確認することができます。)

 

xml サイトマップ【更新頻度の設定】

「Change Frequencies」では、googleのロボットにどのくらい頻繁にページを見てほしいかを決めれます。

 

XMLサイトマップのクロール周期

上記の画像を参考に、それぞれの頻度を設定してみましょう。

 

✔カンタン解説

頻繁に見てほしい重要なページを「毎日」、優先度は低いけどたまに見てほしいページを「毎週」や「毎年」にしています。

今月のアーカイブは、書いてある通りホームページで毎日みて貰えるので、更新なしでOK。

 

xml サイトマップ【優先順位の設定】

ここでは、優先的に見てほしいページやそうでないページを設定できます。

0.0(全く重要ではない)~1.0(非常に重要)の数値で決めていくことが可能です。

 

具体的には、下記の画像と同じように設定していきましょう。

XMLサイトマップの優先順位の設定

先ほどまで説明していた大事なページの優先順位を上げて、そうでないページを低く設定しています。

 

ここで、「タグページ」を0.8にしているのは、カテゴリー別の設定が反映されないのを防ぐためです。

上記の通りに優先順位を決めれば大丈夫なので、ご安心ください。

 

googleサーチコンソールにサイトマップを追加

googleサーチコンソールとXMLサイトマップを紐づける作業を行います。

まずは、サーチコンソールへログインしましょう。

 

すると、下記の画面に移るので画像の手順を踏んでいきます。

サーチコンソールにXMLサイトマップに公開します

✔手順

①「サイトマップ」をクリック

②「新しいサイトマップを追加」という欄に「sitemap.xml]と入力した後、「送信」ボタンをクリック

③「送信されたサイトマップ」で、ステータスが「成功しました」となっていればOKです。

このサイトマップを追加する作業は、記事を更新した際は毎回やるようにしましょう。

 

これをすることによって、googleのロボットに最新記事を早く見るよう促せるので、SEO対策として有効です。

 

なお、サーチコンソールにはブログ初心者でも抑えておきたい4つの項目があります。

下記の記事にて、初心者でも分かるように使い方を解説しているので参照ください。

 

サーチコンソールで必ず抑えておきたい4項目

 

プラグインを活用して、サイトマップを作成したら

まとめ

今回は、wordpressプラグインを活用したサイトマップの作成法について解説しました。

 

・XMLサイトマップは、googleのロボットに記事を伝えるために必要不可欠。

SEO対策になる

 

・HTMLサイトマップは、サイトに設置する記事一覧のことで、ユーザーが見たい記事にたどり着くための補助になる。

ユーザビリティの向上に役立つ

 

サイトを強くするには、ある程度の更新頻度と記事の個数も大切です。

ということで、サイトマップができたら記事の作成にも取り掛かっていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

他のブログに役立つ記事は、下記にまとめています。

ブログの質・収益・集客力を上げたい。という方はぜひ参照ください。