ビクトリア留学

カナダへの留学者必見 後悔しない本当に必要な持ち物とは?

カナダ留学持ち物

カナダへの留学に必要な持ち物が揃っているか不安

持ち物が多くなってしまったがどれが不必要かわからない。

といった方へむけて

今回はカナダへの留学の際に後悔しない、本当に必要な持ち物を紹介していきます。

少し長くなりますが、この記事を読み終えたころには

・カナダ留学に行くときに本当に必要な持ち物が分かる

・カナダに行ってから後悔しない・心置きなくカナダを堪能できる

ようになりますのでどうぞ最後までお付き合いください。

この記事ではカナダ・ビクトリアへの留学はもちろん、セブ留学や海外旅行での経験と

カナダで知り合った留学生の意見を基に作成したので、信頼していただけると幸いです。

~この記事の流れ~

1. 必ず持っていくべきもの

2. あると快適・便利なもの

3. 実は持っていく必要がないもの

4.終わりに(カナダ留学の心構え)

といった流れでご紹介していきます。

では、さっそく見ていきましょう。

カナダ留学時に本当に必要な持ち物をとは?

疑問?

 

1. 必ず持っていくべきもの

①パスポート

これは、海外に行くときは絶対必須ですね。

注意してほしいのはパスポートの有効期限。

自分のパスポートの有効期間満了日が、あなたがカナダから帰ってくる日+1日以降であることを確認しておいてください。

※カナダでは、パスポートが身分証明書の代わりにもなるので肌身離さず持ち歩くようにしましょう。

パスポートは、必ずコピーも取っておくと良いです。

②ビザ

・eTA (カナダへ渡航する方全員)

・ワーキングホリデービザ (カナダで働かれる方)

・学生ビザ (6ヶ月以上現地の学校へ通う方)

6か月以内の留学では1つ目のeTAのみ申請しておけば大丈夫です。

申請したeTAのナンバーは印刷やメモ等をしておき携行するようにしましょう。

まだ申請していないという方は、こちらの記事を参考に申請を済ませておきましょう

https://www.canadaeta-visas.com/

申請にはパスポートとクレジットカードが必要です。

持っていない方は、この機会に手に入れておきましょう。

 

③ケータイ

今や僕たちの生活では欠かせないケータイですが、持っていく際には注意が必要です。

日本から海外に行くと、データ通信を遮断しておかなければなりません。(データローミングをオフにする)

そのため、通常はWi-fiが使用できるホームステイ先や大学、レストラン等の無料Wi-Fiスポットでしかケータイを使用できません。

これは、緊急時等不便なことも多いので

・ポケットWi-Fiを申し込む

・SIMカードを購入して差し替える

のいずれかの行動を取るのをお勧めします。

ちなみにポケットWi-Fiだと下に載せているイモトのWi-Fiが大手で安心です!



 

 

④現金(財布)

1ヶ月の短期留学の場合、現金は目安として10~12万円程あれば大丈夫です。
(+クレジットカード)

万が一のことを考えてお金は2つの財布に入れておく等、スリ対策をしておくと良いでしょう。

また、日本にいる間に1~2万円程両替しておくと現地にいってから慌てる必要がないので余裕があればやっておきましょう。

※空港の両替レートは、日本・カナダ共にとても悪いです。

homncls
homncls
日本で両替する場合は、外貨両替ドルユーロで両替するのがオススメです!

 

⑤衣服・下着

カナダは1週間に1度ほど洗濯をする文化なので、最低でも1週間分は持っていった方がよいです。

⑥保険証書

パスポート等と同様つねに持ち歩くようにしてください。

⑦眼鏡・コンタクト

滞在日数×5日分程は持っていきましょう。

⑧充電器とモバイルバッテリー

海外でケータイ等の電子機器が使えなくなると、焦ってしまう可能性があるのでどちらも忘れずに持っていくようにしましょう。

⑨往復分の航空チケット(eチケット)

渡航の間は、肌身離さず持ち歩くようにしましょう。
(eチケットの場合、コピーを取っておくのが良い)

 

2. あった方が快適・便利なもの

荷造り

 

①滞在先の証明書類のコピー(ホームステイの住所や大学の住所)

機内で記入するため

②パソコン(タブレット)

大学では授業中に発表を行うことがあるので、パワーポイントを使えるパソコンは持っていった方が良いです。

③カメラ

最近は、ケータイのカメラの進歩もすさまじいですが

homncls
homncls
せっかくなので、1眼レフやデジカメでおしゃれに写真を撮るのも良いですよ。

④ドライヤー

自分の物を持っていくようにしましょう。

⑤常備薬

風邪薬や頭痛薬や腹痛薬など持っていって損はありません。

⑥洗濯ネット

洗濯機で洋服をいためることがあるようなので、持っていくと良いです。

⑦タオル類

バスタオルとタオルは、しっかり持っていくようにしましょう

※ホームステイは、ホテルではないというのはしっかり頭に入れておいて下さい。

⑧リュックサックとポーチ

学校に行くときなどに使うリュックサックと遊び用のポーチはあった方が便利です。

⑨日焼け止め

カナダは結構紫外線が強いので気になる方は持っていきましょう・

一応現地でも買えますが、日本の方が品質は良いです。

⑩フォーマルな服

留学で行かれる方は、フェアウェルパーティや発表会で必要な場合があるので持っていくようにしましょう。

※一部の高級レストランでもフォーマルな服装が好まれる場合があります。

⑪衣類圧縮パック

これはかなりお勧めです!

旅行に行く際は、良く収納スペースに悩まされますがこれを使うと
いっぺんに問題が解決します。

⑫雨具

カナダは日本に比べて雨があまり降らないのですが、折り畳み傘を持っていくようにしましょう。

⑬携帯用ウォシュレット

これは、結構大事ですね。海外ではウォシュレットを使う文化は根付いていないので、ウォシュレット付きのトイレもあまりないです。

気になる人は忘れずに持っていくようにしましょう。

⑭袋

着替えを入れる袋やエコバックを持っていくようにしましょう。

カナダでもビニール袋は有料になっています。

⑮マスクとネックピロー

日本からカナダまでは、飛行機で10時間程かかります。

homncls
homncls
機内は空気が悪く、首も疲れるのでこれらも持っていくのが良いですよ

 


⑯証明写真

パスポートを紛失した時に役立つので、何枚か持っていくようにしまよう。

⑰観光スポットやレストランのガイドブック

ネットにも情報はあふれているので、気に入ったものがあったらというぐらいで良いでしょう。

⑱お土産

後に紹介するのですが、カナダは結構日本食系の料理店やスーパーがあるので日本の文化が身近だったりします。

なので、少しひねったお土産を持っていくと喜ばれますよ!

homncls
homncls
ビレッジヴァンガードで探すのがオススメです!

1-3 実は持っていく必要がないもの
(持っていくと後悔するもの)

荷物 多い

①参考書

これは、僕自身の体験に基づいたものなのですが参考書は1冊もいりません。

教科書や宿題は、カナダの大学からもらえますし留学することの一番のメリットは外国人と話せるところだと思います。

なので、机に座って勉強する時間があったら大学の先生や友人、ホストファミリーと話す時間に当てましょう。

参考書での勉強は、カナダに行く前やカナダから帰ってきた後にやれば十分です。

②洗濯用品

ホームステイ先で洗剤や洗濯ばさみは貸してもらえることが多いので、洗濯用品は持っていく必要はありません。

必要に応じて現地のスーパーで購入しましょう。

③変圧器

プラグの形状は、日本とカナダは同じです。電圧的にも問題ないので変圧器は持っていかなくて大丈夫です。

④日本食

カナダのスーパーではたくさんの日本食が売ってあります。
おみやげとして持っていく場合は、少しめずらしいものにするのがポイント。

おわりに

留学中に一番大事なことは「慌てないこと」です。

そして、本当にまずい状況になった時は恐れずに周りの人に相談しましょう。

今は24時間受け付けているサポートセンターもあったりするので、心配しすぎず留学を楽しんできてください!!

もっとカナダについて知りたい!という方は下記の記事も要チェック。

・カナダの文化やホームステイってどんな感じなのか?

気になる方は以下の記事をチェック!

ビクトリア・ホームステイ
カナダ・ビクトリアでのホームステイ生活を紹介<文化・料理>今回は、留学を考えている方に向けてホームステイ先での一日の流れを紹介します。ホームステイをする際に大事なことを会話形式で分かりやすく解説します。まだ、留学のイメージが出来ていないという方にも非常にオススメ! ...

 

・ビクトリアに留学される方はこちらのビクトリア大学の雰囲気を紹介している記事も

良かったらご覧ください!

カナダ・ビクトリア大学とは? その実態を元留学生が解説!<授業編>カナダに留学を考えている方へ。カナダ・ビクトリア大学の魅力を紹介します!!学校では、どういうプログラムで授業が行われるのか、クラスの雰囲気など気になる問題を解決していきます。...