ブログ初心者

Googleサーチコンソールの正しい使い方を解説【ブログ初心者必見】

Googleサーチコンソールの活用法を紹介します

・googleサーチコンソールってなんですか?

・Googleサーチコンソールに登録してるけど、項目多すぎて何すればいいか分からない…

・いくつも記事を書いたのに、検索上位に上がってこない。

本記事は、このようなを問題を抱えたブログ初心者さんに向けて作成しました。

 

Googleサーチコンソールは、ブロガーにとって必須の解析ツールです。

しかし、どのように使えば良いか分からず、何となく毎日眺めてるだけという方も多いのではないでしょうか。

ということで、今回はGoogleサーチコンソールで見るべき項目を徹底解説します。

 

なお、googleのサーチコンソールの導入方法は、下記の記事を参照ください!

googleサーチコンソールの登録法【簡単5分】

 

本記事を参考にすると、サーチコンソールの正しい見方が把握でき、サイトのアクセスを改善できます。

 

記事の内容

・Googleサーチコンソールの概要

・Googleサーチコンソールで必ず見るべき5つの項目と正しい見方

・+αでサイト改善に役立つ項目

 

✅記事の信頼性

・著者は、サーチコンソールをフル活用して、開設2ヶ月程で4000pvを達成しました。

 

Googleサーチコンソールの概要

概要

知識をきちんとつけるには、まず大まかな概要を把握する必要があります。

ということで、まずサーチコンソールで何が出来るのか、おさらいしておきましょう。

 

Googleサーチコンソールで出来ること

サーチコンソールは、ざっくり言うと自サイトの検索結果を監視、管理できるツールです。

 

具体的には、下記のことが可能です。

・サイトのクリック率、数、掲載順位が分かる

・記事を更新した時に、より早くインデックスされる(Googleの検索結果に出る)

・自サイトのエラー情報が手に入る

他にもたくさんありますが、方法まできっちり抑えておきたいのは上記の3つのみです。

自サイトの改善サイクルを回す上で、欠かせない要素になるので詳しく見ていきましょう。

 

Googleサーチコンソールで
見るべき5つの項目と正しい見方

重要な要素を解説していきます

それでは、サーチコンソールで見ておきたい5つの項目とその見方を解説していきます

・検索パフォーマンス

・URL検索ツール

・カバレッジ

・手動による対策

・サイトマップの送信

順番に見ていきましょう。

 

検索パフォーマンス

検索パフォーマンスでは、検索結果でのクリック数や掲載順位、クリック数を記事ごとに見ることができます。

 

ここで、大事なのは「記事ごとの流入KWを見ること」です。

 

これによって、投稿した記事にどういったキーワードを追加すべきか(お宝キーワード)が把握できるので

リライト時の方針決め】に役立ちます。

 

手順は下記の通りです。

①サーチコンソールを開いて、ダッシュボードの検索パフォーマンスをクリック

サーチコンソールのダッシュボード

 

②管理画面下からページタブ(1)に遷移して、調べたいURL(2)をクリック

管理画面

 

③URLをクリックしたら、「クエリ」タブをクリック

すると、どのようなキーワードで検索されているか、その表示回数やクリック数を確認できます。

 

また、クエリに表示されたキーワードをクリックすると、掲載順位やCTR(検索結果でクリックされた割合)も確認できます。

 

※ここだけの話

表示回数が多かったりCTRが高いキーワードはお宝です。

記事に盛り込むことで、検索順位のアップが期待できます。

 

URL検索ツール

URL検索ツールでは、インデックスの依頼が可能です。

インデックスとは、クローラーが取得した情報を検索エンジンのデータベースに格納することです。

 

私達の記事は、クローラーがその情報をインデックスすることで始めて検索画面に表示されるようになります。

 

新しく追加したページはインデックスされるのに時間がかかるので、インデックスの登録はSEO対策としても必須です。

やり方については、下記の記事で詳しく解説しているので参照下さい。

index/noindexとは。その概要と取るべき手段を解説

 

カバレッジ

カバレッジでは、自サイトのエラー情報が手に入ります

プラグインの不具合やサイトのカスタマイズ・乗っ取り等、様々な原因で起こるサイトの不具合に早く気づくことが出来ます。

 

チェック方法は下記の通りです。

①ダッシュボードから「カバレッジ」をクリック

 

②開いた画面でエラーの数や原因を確認することができます。

 

詳細の各エラーをクリックすると、どの記事がエラーになっているかも確認できます。

 

手動による対策

手動による対策は、自分の記事がペナルティを受けているかどうか確認することができます。

記事が急に表示されなくなったり、掲載順位が落ちたりした場合はペナルティを受けている場合があるので要確認です。

 

確認方法は簡単で、ダッシュボード「手動による対策」をクリックして下記の画面が表示されていれば、OKです。

 

もし、ペナルティを受けていたら何かしら表示されるので、すぐに対策しましょう。

 

なお、サーチコンソールと同様の解析ツールとしてGoogleアナリティクスがあります。

こちらも、ブログの改善作業を行う上で欠かせないツールです。

 

詳細は、下記記事で深掘りしています。

Googleアナリティクスの使い方【抑えるべき項目を解説】

 

サイトマップの送信

「サイトマップ」では、googleの検索ロボットに記事を見るよう促すことが可能です。

これをすると、いち早く検索エンジンに記事を登録してもらえるので、SEO対策として有効です。

 

サイトマップ送信のやり方については、下記で解説しているので参照ください。

サイトマップの作成法【ブログ初心者でも簡単】

 

+αでサイト改善に役立つ項目

プラスで知っておきたい情報

ここからは、+αとして抑えておきたいサーチコンソールの活用法を紹介します。

 

内部/外部リンク確認

 

ダッシュボードの「リンク」という項目をクリックすると、外部リンクと内部リンクの数を把握できます。

 

・「外部リンク」-どんな第三者から評価されているかを確認

不正な外部リンクは要チェック

 

・「内部リンク」-リンクの健全性の確認

具体的には、内部リンク数がトップ>カテゴリー記事>個別記事になるよう調整するのがオススメ

トップページのような階層が上のページほど、内部リンクが集まるのが自然なサイト構造のため

 

また、内部/外部リンクは、検索順位が大幅に落ちた時も見るようにしましょう。

順位下落の原因がリンク数の減少である場合があります。

 

中古ドメインを購入した時

中古ドメインを購入した時は、下記の2つの確認を必ず行いましょう

・手動ペナルティ履歴

・外部リンクの確認

 

方法は、先ほど説明した通りです。

中古ドメインは、過去の評価を引き継ぐ事になるので、ペナルティや質の悪い外部リンクは対処する必要があります。

 

中古ドメインの詳細については、下記記事を参照下さい。

中古ドメインとは?そのメリットとデメリットを検証

 

サーチコンソールの確認は習慣化しよう

まとめ

解析ツールは、ブロガーとして成長するために必要不可欠です。

 

解析というと小難しいイメージがあるかと思いますが、習慣化できれば楽しいものです。

毎日、コツコツ、継続していきましょう。

 

最期までお読みいただきありがとうございました。

他のブログ運営に役立つ記事は、下記にまとめているのでご活用ください。