脳科学

ポジティブ思考に脳を書き換える方法【メリット&デメリットも解説】

ポジティブ思考になる具体的な方法をメリット、デメリット併せて紹介

・最近ネガティブになることが多い..

・もっと楽しく毎日を送りたい

今回はこのような悩みを解決します。

ヒトの脳は繊細で、思ったことが行動や習慣ひいては人生にまで影響してきます。

つまり、ポジティブ思考かネガティブ思考かで、日々のパフォーマンスや充実度は大きく変わるのです。

 

そこで、今回は脳をポジティブ思考に変えて、人生をより良くする方法を

メリット・デメリットと併せて紹介します。

 

本記事を参考にすると、毎日の幸福度や作業効率を改善できます。

 

記事の内容

・ポジティブ思考になるメリット

・ポジティブ思考になるデメリット

・ポジティブ思考に脳を変える方法

 

ポジティブ思考になるメリット

ポジティブ思考になると、人生が好転していくと言われます。

しかし、それでは漠然としていて実感が湧きません。

 

そこで、まずはポジティブ思考のメリットが何なのか抑えていきましょう。

物事を諦めなくなる

自己肯定感が持てる

周りを楽しくする

ストレスがたまりにくい

チャンスを掴みやすい

 

物事を諦めなくなる

ポジティブ思考のヒトは、何かを諦めることが少なく、結果として継続力があります。

 

例えば、ブログを書いているが、アクセスが無いヒトの場合を考えます。

この時に、ネガティブ思考のヒトの場合は…

それは、自分に文章を書く才能が無いからだ。

こう捉えて書くことを辞めてしまいます。

 

一方ポジティブ思考のヒトは、

最初の内は、こんなもんだ。コツコツ続けていれば、読まれるようになるだろう。

こういった風に考えるので、書くことを辞めません。

 

これは、研究でも明らかになっていて

 

ASQで上位半分の人たちは、下位半分の人たちよりも二〇パーセント多く保険契約を成立させた。上位四分の一は下位四分の一よりも五〇パーセント多く契約を取った。ここではキャリアプロフィールも同じような予測能力を示した。

マーティン・セリグマン(1991)『オプティミストはなぜ成功するか』講談社(Kindleの位置No.1949-1954)

 

※ASQ-対象者のポジティブ度を測る指標

このように、ポジティブ思考のヒトはネガティブ思考のヒトよりも、契約を成立させるといった事例があります。

 

このことから、ポジティブ思考のヒトが持つ「諦めない心」は、パフォーマンスにも良い影響があると分かります。

逆に言うと、ネガティブ思考を含めた脳のパフォーマンスを下げる行動には注意です。

 

詳しくは、下記を参照下さい。

脳のパフォーマンスに悪影響を与える7つの習慣

自己肯定感が持てる

ポジティブ思考のヒトは、自分を否定することが少ないので、自己肯定感が高いです。

自信や希望にあふれていて、前向きなので、周りにも親しまれます。

 

逆にネガティブ思考のヒトは、「どうせ自分は…」といった具合に

自分を否定しがちなので、他人は離れていきます。

周りを楽しくする

気持ちというのは、伝染します。

つまり、ポジティブなヒトは他者の気持ちも楽しくしてくれます。

実体験として、楽観的な子のところにヒトが集まる経験はありますよね。

ストレスがたまりにくい

ポジティブ思考のヒトは物事を良い方向に考えるので、ストレスを溜め込みません。

いわゆる「鈍感力」が高いです。

否定的な言葉を受けた時も、そういうヒトもいるんだなくらいにしか考えません。

チャンスを掴みやすい

ポジティブなヒトの多くは積極的です。

失敗を恐れない精神でとった行動が、ヒトの目に触れ、思わぬチャンスを掴むことが多々あります。

 

一方、否定的なヒトは行動する前に「こんなのやっても意味ない」・「たぶん失敗するだろうなぁ」と考えます。

リスクを捉えるのは大切ですが、考えすぎると新しい事に挑戦できません

 

ポジティブ思考になるデメリット

なんだ。ポジティブ思考最強じゃん!

この考え方は危険です。

ポジティブ思考には、その特性上、陥りやすいデメリットがあります。

 

・計画性に欠ける

・自信過剰になりやすい

・注意力に欠ける

順番に見ていく中で、デメリットを克服していきましょう。

計画性に欠ける

ポジティブ思考のヒトは、何とかなる精神で動きがちです。

つまり、無計画で行き当たりばったりの行動をしてしまいます。

 

これだと、せっかく挑戦したことも失敗にしてしまうので注意しましょう。

つまり、計画性のあるポジティブ人間は最強です。

自信過剰になりやすい

これは、自己肯定感が強すぎると生じてしまいます。

「自分ならできる」と思うのは良いですが、それをヒトに言いふらすような事はやめましょう。

周りに対して、謙虚な姿勢は最低限必要です。

注意力に欠ける

ポジティブ人間は、細かい部分を疎かにする傾向があります。

安易に「これくらいは大丈夫」と判断するのは危険です。

何かを判断する際は、その客観的な根拠を見つけるクセをつけましょう。

ポジティブ思考に脳を変える方法

メリット・デメリットを抑えたところで、脳をポジティブ思考に切り替える方法を解説します。

ポジティブな言葉を唱える

ポジティブなヒトと絡む

ネガティブを論破する

ポジティブを噛みしめる

順に見ていきましょう。

ポジティブな言葉を唱える

とにかくポジティブなことを口に出すよう心がけるのが大切です。

辛いことやピンチな状況でも、自分や周りを鼓舞しましょう。

 

ポジティブ発言が習慣化した時には、脳もプラス思考に変換されています。

意外と脳は単純です。

ポジティブなヒトと絡む

類は友を呼ぶ」と言うように、ポジティブなヒトの周りにはポジティブなヒトが集まります。

逆に悲観的な話をするヒトの元には、ネガティブなヒトが群がります。

 

例えば、ヒトを否定する系の動画配信者の元には、物事に否定的な意見を述べるヒトが集まってますよね。

 

今ネガティブに物事を考えがちなヒトは、今の友人から少し離れて、ポジティブなヒトに絡みにいきましょう。

あなたの思考は、関わりの深い5人に強く影響されています

ネガティブを論破する

そうは言っても、結果が出ていない時や批判された時は、ネガティブになってしまいがちです。

そんな時は、ネガティブな要因を論理的に崩しましょう。

 

例えば、何かに失敗した時は

「失敗した自分を責める」ではなく「失敗したことによって何が得られるか」を真剣に考えましょう。

 

失敗の要因を分析して成功へのヒントを掴もうとすることで、

失敗に価値がつけられると、失敗自体に引きづられることが無くなります。

ポジティブを噛みしめる

一般的にヒトはポジティブなことよりも、ネガティブな事を記憶する習性があります。

これは、脳の構造上どうしようもありません。

 

なので、ポジティブ思考を定着させるためには、3倍噛み締めましょう。

具体的には、何か良いことがあったら、それをヒトに伝える。

あるいは、SNSを使って発信するのもありです。

 

ポジティブであることを脳にアピールすることが大切です。

 

ちなみに、ポジティブ思考でも分泌されるドーパミンは、やる気や集中力と強い関係があります。

こちらの詳細については、下記を参照下さい。

 

ドーパミンを脳科学的に増やす方法【集中力&やる気の根源】

ポジティブ思考で人生は変わる

まとめ

冒頭でも少し話しましたが

ヒトは自分で思った・考えたことしかできません。

 

つまり、思考が行動を作ります。

そして、行動は人生を変えます。

これを、忘れずにポジティブ思考を取り入れて人生を豊かにしていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

他の脳にまつわる記事は、下記にまとめているのでご活用ください。