Wordpress

googleサーチコンソールの登録方法を簡単解説【ワードプレス】

Googleサーチコンソールの登録法を解説【wordpress向け】

こんにちは! 脳科学ブロガーのクルス(@homncls1)です。

・googleサーチコンソールって何?メリットは?

・サーチコンソールの登録方法を手っ取り早く教えて

今回はこのような方へ向けて、記事を書きました。

 

googleサーチコンソールは、投稿した記事の検索順位やクリック数など、ブロガーが見るべき指標を分析できる無料ツール。

 

そのため、ブログ初心者の方も今すぐ使うべきなのですが、自力で登録するのが少し難しいです。

 

そこで今回は、【ワードプレス向け】googleサーチコンソールの登録方法を、画像も交えて解説していきます。

 

✔CONTENT

・googleサーチコンソールとは

・googleサーチコンソールの登録方法【ワードプレス向け】

・サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法

 

クルス
クルス
早速、見ていきましょう!

 

googleサーチコンソールとは

googleサーチコンソールとは

サーチコンソールはgoogle提供の無料ツールで、ほとんどのブロガーが使っている人気ツールです。

 

SEO対策はもちろん、アクセスや収益を伸ばす上で無くてはならないモノなので

まずは、特徴をきっちり抑えていきましょう。

 

googleサーチコンソールって何だ?

googleアナリティクスとサーチコンソール

 

googleサーチコンソールって何だ?

サーチコンソールは、Googleの検索パフォーマンスを解析できるツールです。

 

具体的な機能としては、投稿した記事の「検索順位」や「表示回数」をフィードバックできる他、

「サイトマップの送信」では、googleのロボットに記事を見にくるよう促すことも可能。

 

googleロボットに記事を見てもらって初めて、検索エンジンに表示されるので、SEO対策として大切です。

特にブログ初心者のサイトは、見つけて貰いにくいので、サイトマップを送信することが大切だと抑えておきましょう!

 

googleアナリティクスとサーチコンソール

ちょっと紛らわしいですが、googleが出している無料解析ツールとして「googleアナリティクス」というのもあります。

 

こちらは、各記事に訪れたユーザーが「何人いて」・「どこからきて」・「どれくらい滞在したか」を分析することが可能です。

 

こちらも記事の質を改善するために無くてはならないツールなので、きっちり使い方を学んでおきましょう。

詳しくは、下記記事で解説しているので良かったら参照ください。

 

Googleアナリティクスの正しい使い方【初心者が見るべき3項目】

 

googleサーチコンソールの登録方法【ワードプレス向け】

サーチコンソールの登録方法を解説

 

それでは、サーチコンソールの登録方法を見ていきましょう。

・Googleアカウントを手に入れる

・Googleサーチコンソールにログイン

・プロパティを追加する

・タグを埋め込む

 

Googleアカウントを手に入れる

サーチコンソールは、googleのサービスなのでgoogleアカウントが必要です。

まだアカウントを持っていないという方は、下記で作成しておきましょう!

 

Googleアカウントの作成

 

アカウントが手に入れられたら、そのまま次にお進みください。

 

Googleサーチコンソールにログイン

次は、「Googleサーチコンソール」を開きましょう。

開いたら、「今すぐ開始」をクリック。

サーチコンソールを開始する

 

すると、下記画面のようにgoogleへのログインを求められるので、

googleアカウント作成時に登録したメールアドレスor電話番号を入力して、「次へ」をクリックしましょう。

googleアカウントでログインする

 

プロパティを追加する

googleのログインが完了したら、下記の画面に移ります。

 

サーチコンソールでドメインを入力する

ここでは、左側の「ドメイン」の空欄に〇〇.comと入力しましょう。(〇〇はあなたのサイトトップページのURL)

https://をつける必要はありません。

 

ドメインを入力し終わったら、「続行」をクリックです。

 

✔用語解説

「ドメイン」:サイト全体の計測できる

「URLプレフィックス」:特定のページのみ計測が可能

webサイト全体のページを分析するのが基本なので、ほとんどのヒトは「ドメイン」からでOKです。

 

TXTレコードをDNS設定にコピー

「ドメイン」でURLの入力が終わったら、下記の画面に移ります。

 

TXTレコードをDNS設定にコピーします

ここでは、2.にでているTXTレコード(ドメインの所有権を確認するコード)を「コピー」します。

その後、あなたが登録しているサーバーに移って、「DNS設定」という部分に「ペースト」を行います。

 

サーバーでDNS設定にペーストする方法は、下記のURLを参照ください。

その他のサーバーを使っている方は、使用中のサーバー名+DNS設定でgoogle検索してみましょう。

 

サーバーにてDNS設定が終わったら、サーチコンソールの先ほどの画面下にある「確認」をクリックです。

画面が切り替わり「所有権を確認しました」という画面が出ていれば、成功です。

 

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法

サーチコンソールとアナリティクスの連携方法

続いて、サーチコンソールをgoogleアナリティクスと同期させる方法を紹介します。

これによって、googleアナリティクス1つでサーチコンソールの分析もできるので、非常に便利です。

 

1分ほどで終わる簡単な作業なので、さっと終わらせてしまいましょう。

・Googleアナリティクスにログイン

・サーチコンソールの調整

・サーチコンソールの追加

 

Googleアナリティクスにログイン

まずは、「googleアナリティクス」にログインします。

 

アナリティクスを開けたら、ダッシュボードの「集客」→「search console」→「検索クエリ」をクリック。

 

Googleアナリティクス「検索クエリ」を選択する

すると、上記のような画面がでてくるので、「searchコンソールのデータ共有を設定」をクリックしましょう。

 

サーチコンソールの調整

 

次の画面に移ったら、少し下にスクロールしていくと、「search consoleを調整」というボタンが見えてくるのでクリック。

サーチコンソール調整をクリックする

 

サーチコンソールを追加

「search consoleの設定」画面に移ります。

ここでは、下記のように「追加」ボタンをクリックしましょう。

サーチコンソールを追加する

すると、サーチコンソールに移り下記のような画面がでてきます。

同期するサイトを選択する

「search consoleのサイト」欄で同期したいサイトをチェックして、「保存」をクリックしましょう。

 

すると、「関連付けの追加」という画面がでてくるので「OK」を選択。

「サーチコンソール追加」を確定する

以上でサーチコンソールとgoogleアナリティクスの同期が完了しました。

これで、サーチコンソールの登録は以上になります。

ここまで本当にお疲れ様でした!

 

なお、サーチコンソールの使い方については下記で解説しているので、参照ください。

googleサーチコンソールの使い方【見るべき4つの項目】

 

googleサーチコンソールに登録した後は、使い方も抑えよう

まとめ

今回は、googleサーチコンソールの登録方法について解説しました。

・サーチコンソールでは、記事の表示回数やクリック数、検索順位などを分析できるので、記事の改善ができる。

 

・連携させることで、googleアナリティクスでもサーチコンソールのデータを見ることが可能。

 

サーチコンソールとgoogleアナリティクスは、サイト分析に欠かせない必須ツールです。

使い方もきっちり理解して、ブログの質を上げていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

他のブログに役立つ記事は、下記にまとめています。

ブログの質・収益・集客力を上げたい。という方はぜひ参照ください。