ブログ初心者

Googleアナリティクスの使い方【ブログ初心者が見るべき要素を解説】

Googleアナリティクスの抑えておきたい3項目

・ぶっちゃけ、googleアナリティクスの活用法が分からない

・記事のアクセス数を見るだけで終わってる…

本記事では、そんな疑問にお答えします。

 

Googleアナリティクスは、無料でサイトのアクセス解析ができる優れたものです。

ですが、導入したもののどう活用すべきか分からず、アクセス数を眺めてるブログ初心者の方も多いかと思います。

 

そこで、今回はGoogleアナリティクスの使い方に加えて、解析を改善に繋げる方法を紹介していきます。

 

本記事を参考にすると、Googleアナリティクスを使ってサイトの質を高めていく具体的な手法を知ることができます。

 

記事の内容

・googleアナリティクスで何ができる?

・ブログ初心者が必ず抑えておきたい項目3選
(オーディエンス・集客・行動)

・googleアナリティクスの扱い方には注意

 

googleアナリティクスで何ができる?

概要

Googleアナリティクスでは、あなたのサイトを訪ねたユーザーの行動を分析することができます。

 

具体的には下記の感じ。

・「ユーザ数」-サイトを訪問した人の数

・「ページビュー数」-サイト内で読まれたページ数

・「平均セッション時間」-訪問してくれたユーザーがサイトに滞在していた時間

このような指標を分析することで、「ユーザーの満足度」を把握することが可能です。

 

サイトのユーザービリティ改善に欠かせない!

 

なお、googleアナリティクス等のアクセス解析ツールを使う場合は

プライバシーポリシーにその旨を盛り込む必要があります。

 

え?何それ。という方は、下記記事を参照下さい。

【コピペOK】プライバシーポリシーの書き方&設置方法

 

Googleアナリティクスで解析を行うべき理由

Googleアナリティクスを使うことで、サイトのアクセス数が直接的に増えることはありません。

ですが、解析を通じて、知ることができるユーザーの動向・情報がたくさんあります。

 

そこに、サイトを改善するヒントが転がっているので、ブログの成長に欠かせない訳です。

 

それでは、具体的な解析項目と見方に移りましょう。

ブログ初心者が必ず抑えておきたい項目3選

重要な要素を解説していきます

ここでは、googleアナリティクスで必ず抑えておきたい必須項目を厳選して3つ紹介します。

オーディエンス

集客

行動

?がつくかもですが、しっかり掘り下げていきます。

 

【オーディエンス】-ユーザー情報の把握

オーディエンスでは、サイトの訪問者数からユーザーの年代といった情報を確認できます。

 

step1. アクセス数の確認方法

 

アクセス数は、アナリティクスの「オーディエンス」⇒「概要」で確認できます。

1.見たい区間を指定

2.見たい項目を指定

 

オーディエンスでは、「アクセス」を見ることが出来ます。

なお、2の項目はデフォルトではユーザーに設定してありますが、他にも見ておきたい項目があります。

セッション ユーザーがサイト訪問した回数
ページビュー数 webページが閲覧された回数
ユーザー サイト訪問したユーザーの数
直帰率 ユーザーがサイト訪問した際にその1記事でサイトを去っていった割合
平均セッション時間 指定した期間の各セッション時間の合計を総セッション数で割ったもの

 

この当たりは、数値がどのように推移しているかに注目しておきましょう。

 

※他の指標とは異なり、直帰率は数値が低いほうがサイトの質が良いことに注意が必要です。

 

step2.ユーザー属性の確認方法

ダッシュボードの「ユーザー」⇒「ユーザー属性の概要」で確認しましょう。

 

こちらでは、サイト訪問者の年齢層・性別の割合を確認することができます。

<例>

 

サイトのレイアウトやコンテンツを見直す際の参考指標として活用しましょう。

 

・例えば、年齢の指標で高齢層が多い場合、文字を大きくする

・女性層が多い場合は、サイトのデザインやフォントに柔らかさを出す

といった具合です。

ユーザー層に合った、サイト構築を心がけることで、アクセスアップが見込めます。

 

【集客】-流入元の把握

ここでは、サイト訪問者がどこからやって来たのか知ることが出来ます。

 

ダッシュボードの「集客」⇒「概要」から確認しましょう。

ここで出てくる用語は、下記のような意味になります。

Organic Search オーガニック検索
Social ソーシャルメディアからの流入
Direct 直接流入
Referral 別サイト流入
SEO対策やSNS流入を強化した時は、「集客」でその効果を確認しましょう。

 

なお、より詳細な流入源を見ることも可能です。

 

例えば、SocialであればどのSNSからどれくらい流入があったかといった具合です。

 

ブログのアクセスを増やせるSNSはたくさんあります。

詳しくは、下記を参照下さい。

 

 

【行動】-サイトの動線改善

行動では、各記事ごとのページビューや滞在時間を細かく確認することができます。

 

「行動」⇒「サイト コンテンツ」に行くと、

・大まかにどういったページにアクセスが集中しているのか、

・それぞれのページに対する平均ページ滞在時間などを確認することができます。

 

離脱率は、そのページでユーザーがサイトから離れた割合を表しています。

離脱率が高い場合、その記事からユーザーはサイトを離れているので、内部リンク等を見直して回遊性を高める必要があります。

 

なお、Googleアナリティクスと同等レベルに重要な解析ツールの詳細は、下記記事にてまとめています。

サーチコンソールの正しい使い方を紹介

Googleアナリティクスの扱い方には注意

まとめ

googleアナリティクスは、非常に便利なツールですが、ただ何となく見るのはナンセンスです。

 

ブログ初心者の方は、基本的には記事更新に集中しましょう。

そして、データが集まったら今回の記事で紹介した項目を分析して、今後の記事の改善やサイト構築に当たる。

 

このサイクルを繰り替えして、じっくりサイトを育てていきましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

他のブログ運営に役立つ記事は、下記にまとめているのでご活用ください。