Wordpress

Easy Table of Contentsの使い方【表示されない原因も】

Easy Table of Contents使い方や表示されない原因を解説

 

アナタ
アナタ

・wordpressの記事に目次を入れたい!

・プラグインで簡単に作りたいなぁ

・目次が表示されないのですが…

今回はこんな疑問にお答えします。

 

wordpressプラグインの1つ「Easy Table of Contents」では

css等のコードをいじることなく、簡単におしゃれな目次を作ることができます

 

しかし、「使い方が難しい」・「導入したけど、目次が表示されない」

なんて声もチラホラ。

 

そこで、今回はEasy Table of Contentsの使い方や設定方法。

加えて、目次が表示されない原因を解説していきます。

 

✔CONTENT

・Easy Table of Contentsの特徴

・Easy Table of Contentsの使い方&設定

・Easy Table of Contentsの使い方【応用編】

・Easy Table of Contentsで目次が表示されない際の対処法

 

Easy Table of Contentsの特徴

Easy Table of Contentsの特徴

「Easy Table of Contents」は、プログラミングの知識0でも

記事に目次を作成できるプラグインです。

 

主な特徴は下記の5つです。

・目次のデザインが豊富

・設定画面が日本語で表記されている

・個別に目次の表示を設定することが可能

・頻繁にアップデートされているので、セキュリティも安心

・初期設定をしておけば、見出しを元に自動で目次を作成する

 

目次の表示条件や見た目など細かい設定もできる反面、少し複雑なところが難点です。

ということで、「Easy Table of Contents」の導入法~使い方をしっかり抑えていきましょう!

 

Easy Table of Contentsの使い方&設定

Easy Table of Contentsの使い方

 

それでは早速、「Easy Table of Contents」を導入して

使い方をマスターしていきましょう。

・プラグインをインストール→有効化

・「一般」:目次の基本的な設定

・「外観」:目次の見た目を設定

・「高度」:目次の細かい設定

 

プラグインをインストール→有効化

 

まずは、プラグインを有効化しましょう。

①wordpressの編集画面に移る

②ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」をクリック

③「Easy Table of Contents」と検索

④「今すぐインストール」→「有効化」をクリック

 

今回導入する「Easy Table of Contents」は、下記画像の通りです。

Easy Table of Contentsの参考画像

 

次は、目次を自動生成するための設定・使い方を抑えていきましょう。

「一般」:目次の基本的な設定

 

まずは、wordpressの編集画面の「設定」→「目次」をクリックです。

この「一般」欄では、目次の位置や表示条件・自動生成などを編集できます。

 

とりあえず、「目次を記事に生成できれば良い」という方は

この部分だけ設定しておけばOKです。

 

下記画像を参照しつつ設定していきましょう。

Easy Table of Contentsの一般設定

 

✔用語解説

「サポートを有効化」:チェックした項目は、個別に編集できるようになります

(投稿にチェックしておきましょう。詳細は後ほど)

「自動挿入」:自動的に目次を差し込みたいページにチェック

(基本は投稿にチェック)

「位置」:目次を表示する場所。デフォルトのままでOK

「表示条件」:目次を表示する条件になります(3~4辺りがオススメ)

 

そのまま一般設定を進めましょう。

Easy Table of Contentsの一般設定の続き

✔用語解説

「見出しラベルを表示」:目次の一番上に表示される文字です。

「見出しラベル」:お好みで大丈夫です。

(迷ったら、例にならって目次と記入しましょう。)

「折りたたみ表示」:目次を閉じたり、開いたりできるようにする機能です

「初期状態」:チェックをつけると、目次が閉じたで表示されます

「ツリー表示」:目次を見出しタグに併せて階層的に表示します

(見やすくなるので、チェックしておきましょう)

「カウンター」:目次の一番左に割り当てられる数字のことです

(デフォルトのままでOK)

「スクロールを滑らかにする」:目次の見出しをクリックした際に、見出しに滑らかに移動します

 

ちなみに実際に、上記のようにEasy Table of Contentsを設定すると

下記のような感じになります!

Easy Table of Contentsの参考例

「外観」:目次の見た目を設定

 

続いて、目次の見た目を編集する「外観を設定していきましょう。

Easy Table of Contentsの外観設定

「外観」では、目次の幅や文字のサイズ・色を変更できます。

色々と試してみて、気に入ったものを選んでいきましょう。

Easy Table of Contentsの外観設定の続き

基本的には、好きな色に変えて大丈夫ですが…

「リンク色」は青色系統が一般的なので、大きく色を変えないようにしましょう。

(色を大きく変えると、リンクだと気づいて貰えない可能性があるため)

 

「高度」:目次の細かい設定

 

「高度」の欄では、目次の詳細な設定ができます。

こちらは、基本的にデフォルトのままでOKです。

Easy Table of Contentsの高度な設定

 

上記画像の「見出し」欄は、チェックを入れていないと目次に表示されなくなるので

使っている見出しタグは入れておくのがオススメです。

(よくわからない方は、とりあえずh1・h2・h3にチェック)

 

Easy Table of Contentsの高度な設定の続き

最後に「変更を保存」を忘れずにクリックしましょう。

以上で、Easy Table of Contentsの基本的な設定・使い方は終了です。

 

Easy Table of Contentsの使い方【応用】

Easy Table of Contentsの使い方【応用編】

続いて、目次を記事ごとに設定したり、サイドバーに表示するなど

応用的な「Easy Table of Contents」の使い方を解説します。

 

記事ごとに目次を設定する方法

 

先ほど一般設定の「サポートを有効化」にて、投稿にチェックを入れたので

各記事ごとに目次を設定できるようになっています。

 

具体的には、wordpressの記事作成ページの下の方に

「Table of Contents」という画面が表示されています。

Easy Table of Contentsを各記事で編集する

こちらの画面で、目次を消したり目次に含める見出しタグを変更することが可能です。

いつもの目次とデザインを変えたい時は、活用していきましょう。

 

サイドバーに目次を表示する方法

 

続いて、サイドバーに目次を表示する方法を紹介します。

wordpressの編集画面から「外観」→「ウィジェット」を選択。

 

下記の画像のように、「目次」を「サイドバー追尾【PC】」に移しましょう。

(通常のサイドバーの方でもOKです)

Easy Table of Contentsをサイドバーに表示する

 

ウィジェットのタイトルを入力したら「保存」をクリックしましょう。

(ハイライト色は、デフォルトのままでOKです)

 

Easy Table of Contentsの設定はおしまいです。お疲れ様でした!

 

なお、その他大切なプラグインについては

下記で紹介しているので参照ください。

 

➣wordpress初心者におすすめのプラグイン

 

Easy Table of Contentsで目次が表示されない時は

Easy Table of Contentsで目次が表示されない時は

ここでは、「Easy Table of Contents」で目次が表示されない際に考えられる原因を解説します。

・目次の個別設定が影響している

・設定した表示条件の問題

・そもそも有効化されていない

・プラグインとテーマの相性が悪い

 

目次の個別設定が影響している

 

記事の編集画面で個別に設定した内容が影響している可能性があります。

 

例えば、個別設定の際に「目次の自動挿入」にチェックをつけていると、記事に目次は表示されません。

特定の記事だけ目次がつかない場合は、その記事の編集画面にある目次設定を確認してみましょう。

 

設定した表示条件の問題

 

Easy Table of Contentsの設定を誤っている可能性もあります。

色々といじった場合は、今回紹介した設定方法を元に1つ1つ見直してみましょう。

 

そもそも有効化されていない

 

「Easy Table of Contents」が有効化されていないと、目次が機能しません。

プラグインを有効化できているか、確認しておきましょう。

 

プラグインとテーマの相性が悪い

 

プラグインとテーマの相性が悪い場合は、表示されない可能性も考えられます。

使っているテーマとEasy Table of Contentsの相性が悪いという報告があるか調べてみましょう。

 

また、プラグイン同士の相性が悪いケースも考えられます。

・他の目次作成プラグインを有効化していないか

・不要なプラグインを導入していないか

 

どうしても、目次が表示されない場合は別の目次プラグインを導入する必要があります。

 

おすすめは、自動で目次を作成してくれる「Table of Contents Plus」です。

プラグインの新規追加で検索すると、でてくるのでインストールしてみましょう。

 

なお、wordpressの「テーマ」はブログの成果スピードを早める上で重要です。

この機会にテーマ変更してみるのもオススメ。

 

下記でSEOやデザイン性に優れたテーマを紹介しているので、参照ください。

 

➣wordpressのおすすめテーマ【無料~有料まで】

 

Easy Table of Contentsの使い方を習得しよう

要約

今回は、Easy Table of Contentsの設定・使い方・表示されない原因について解説しました。

・Easy Table of Contentsは、自動で目次を作成してくれる

・個別に目次の編集をしたり、サイドバーに挿入することも可能

・テーマやプラグインとの相性が悪いと、目次が表示されない場合も

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

他のwordpress運営に関する記事は、下記にまとめています。

ブログの質や集客力を上げたい。という方は参照ください。